事業内容 > 自動車部品分野 > 鍛造部品

鍛造部品
社会に求められる技術・製品の開発を通して、信頼を築く。

新たな価値創造へ

これまでの鍛造製品は、製品の部位によって起きるミクロン単位の伸縮も計算に入れた「型製作」や「製造ノウハウ」が必要でした。この微妙な変化を読みとっていたのが、熟練した職人の"勘"。

そこで東久では、"職人の勘"を大切にしながら1つの情報としてコンピュータに入力し、最新鋭シミュレーション技術を用いて職人の巧みの伝承を数値解析して「感性領域」まで技術力を高めようと研究を続けています。


生産体制

熱間鍛造 写真
熱 間 鍛 造
変形抵抗が小さくなる高温を利用して、さまざまな素材を自在に加工できる熱間鍛造。

広範な産業分野からのニーズに対応でき、複雑形状の製品化や大型品に最適とされる技術です。

冷間鍛造 写真
冷 間 鍛 造
熱間鍛造に比べ、省資源・省エネルギーで高精度・高付加価値形状の加工が行えるという冷間鍛造の特長を最大限に活用して、従来は困難とされてきた難成形素材の鍛造を行っています。

型製造 写真
型 製 造
金型ラインでは、熟練のエンジニアが形状の伸縮・歪みを読み取り、ミクロン単位の品質を管理します。

まさに技術の結集といえます。

品 質 保 証
型製造 写真
工程内での徹底した品質のつくり込みと、自動検査装置等による、あらゆる角度からの物理的測定を充実させて万全の品質保証体制を確立しています。


Back
プレス加工部品