新着情報

2001/06/14
愛知県犬山市に新工場用地を取得
当社のカーエアコン用コンプレッサ部品事業の拡大に伴い、手狭になった 本社工場の生産能力を補うために検討されてきた新工場建設用地が、愛知県犬山市に決定し、 去る3月27日に売買契約が交わされ、4月11日に開所式が行われました。

この土地は犬山工業団地の一角にあり、広さは約12,000坪。 もともとは(財)自転車産業振興協会の技術研究所(競輪用自転車などの研究施設)として 使用されていました。そのため、敷地の半分以上をテストコースが占めており、 新たに工場を建設する際に都合がよく、既存の実験棟も工場として利用できるというメリットが あります。さらに、本社からのアクセスもよく、まさに最高の条件の工場用地だと いえます。

6月より、既存の建物を利用した生産設備の導入が進められ、8月をめどに、7SBU16及び6SEU14型コンプレッサ用ピストンの号口生産が開始される予定です。

この新工場用地を足がかりに、更なる生産効率・品質の向上を目指し、 環境にやさしい製品づくりで社会に貢献していきます。

▼事務棟全景
<img src=


▼新工場完成予想図
新工場完成予想図 4.8KB

犬山工場へのアクセス
犬山工場への案内図は上のボタンからご覧頂けます


新着情報一覧へ戻る 進む